夜ヨガ(野外)~具体的な音叉の使用方法~シャヴァーサナにて

ということで6月の満月前日、初めて野外の夜ヨガを体験しました!!!

こ~んなに気持ちいいんだ^^

というのが正直な感想です

ギャラリーが沢山いたのだけれど不思議とやっている本人たちは凄く集中していて気になる事が一切なく

最後まで行うことが出来ていました

シャヴァーサナ(屍のポーズ)では真剣に外にいることを忘れて全身脱力

 

このシャヴァーサナの時に音叉の効果が大変分かりやすいのでメモ書きしておきます

528hチャイムバーで心と体の修復および解放を行います(DNAの修復/洗脳からの解放⇒本来の自分だけの状態になります)

②この日、目的としている音叉を入れていきます(新月/満月/etc。。。)

③しばらくの時間をとり

④最後に肉体へ戻ってくるためにOMハンドチャイムを頭から回し入れます

(これによりしっかりクラウディングができ、身体にハッキリと戻ってくる感覚があります。例えて言うなら朝、スムーズに覚醒する感じ)

 

何年か前に瞑想のトレーニングを受けに行った際、屋外の方が自分につながりやすいとティーチャーから聞いてはいましたが瞑想の前にヨガを入れることでさらに深まる自分とのコネクトは

今更ながらなぜヨガを取り入れることを拒んでいたのか深く反省しちゃう今日このごろとなっています

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。