動画

惑星新年

 

7月26日~8月12日
今年も宇宙のゲートが開いていますね

今のタイミングで瞑想すると

メッセージが届いたり

コンタクトしてくる存在がいたりと

面白い状態になります

そして
8月8日にライオンゲートを通過すると
色あせることがいくつも現れる
今まで大切だったものがたいしたものではなくなるので

何故だかその名前すら思い出せないということがあるかもしれませんね

物忘れがひどくなったのか。。。そう思うのは当然ですが次の段階へ行くために必要でないことに注意が払われなくなった状態のようです

新たな記憶の領域を確保するために頭の中でもまるでパソコンのようにデフラグやスキャンディスクを行ったような状態になるのかな

気にしないで良し

新たな情報をドンドン書き込んでいきましょう

これからの私(自分)に必要となる情報ですから

 

毎年このタイミングはパワフルで新しいことが沢山訪れます

昨年はライオンゲートが開いた途端、今の学びをストップするようにハイヤーセルフからメッセージがありました
顕在意識では正直それが嫌で(笑)躊躇していたのですが何度確認すれど

ハイヤーセルフからのお達しは変わらないのでした

ストップする理由ももちろんあるのです

「他にすることがあるから」

するとドンドン後ろ髪引かれていた顕在意識も色あせるようなニュースが飛び込んでくるようになりました

もうストップしてもいいんだね、と

それぞれの意識が統一した途端、他にすることが始動しはじめたのです

この「他にすることがあるから」というのが実は最近取り組んでいる「ヨガと瞑想/音叉のコラボ」だったんですね~

 

今年もまた、現実化するなら今!

というタイミングがやってきています

 

あなたは何をしてみたかったんでしょう?

 

私も少しですが次の段階のイメージが降り始めましたよ^^楽しみです

 


映像は大好きな太陽系のボルテックスの映像です太陽ですら実はじっとしているわけではないんですね〜

私たちの松果体の形でもあるフィボナッチ状に回転していくことは命を産み出すとてもパワフルな周波数の回転する形状です

不思議ですね

とっても気持ちの良い映像です

 

ペルーの賢者

 

 

セドナ在住の私の瞑想のティーチャーが久しぶりに日本でワークショップをされるとのことで参加してきました

なんとも宇宙レベルなお方なのにお気軽にいらっしゃった感が満載の 続きを読む

太陽風

先週あたりから太陽風が断続的に強く地球に流れ込んでいるという情報が入ってきています

満月とこの太陽風(磁気嵐)が重なるとお天気が崩れたり、風が強かったり、簡単な地震があったり

気にかけるようになってからそんな傾向にある事に気が付いています

身体の傾向はというと磁気を一番感じるのは腎臓なんですね~

背中の下の方(腰と表現する方も)が痛かったり
冷えたり
その結果お腹が緩くなったり
血めぐりが悪い
貧血でドキドキする

などの傾向が現れやすいです

他にも電子機器や航空機や電車の計器などに影響があるんだそうで
インターネットが、WIFIが繋がりにくいなども考えられます

腎臓マッサージはいかがですか?
胸の下の肋骨一番下を伝って背中まで撫でていくと
その少し下にあるのいが腎臓です

そこを両手の指でしばらくピンチ(つまむ)してみて下さい
最後に両手を当てて(手当)3回ほどギュッと押してみる

腎臓は私達が感じている以上に大切です

宇宙と交信している臓器なんです(笑)ホントです

投稿者: SOUND of UNIVERSE カテゴリー: 未分類

音叉と食

 

 

今年の癒しフェアに私の音叉の師匠である増川いづみ先生が登壇されます

増川先生はシャーマンみたいな方できっとメディスンウーマンだったに違いない

(ご本人も自覚ありありのご様子なのですが笑)

 

2年ほど音叉ヒーリングのトレーニングを受けましたがその際には徹底的に「食事」についても叩き込まれたのでした笑

 

一次加工食品を食べることがいかに重要か

私たちはいかにアミノ酸などの 続きを読む

コラボイベント【御礼】m(_ _)m

昨日、コラボイベント「ヨガ×瞑想×音叉」が無事に終了いたしました

お暑い中ご参加頂いた皆様へ心より感謝申し上げますm(_ _)m

うっかり夢中になってしまって写真を撮らせていただくのを失念してしまいました(TT)残念

未知のものに触れる時のお顔を皆さんなさっていらしてどうやってほぐしたらよいか笑

とっさに 続きを読む

音叉ヒーリング体感後の身体と心の状態

音叉ヒーリングを受けた後の身体の状態を分かりやすく記述いたしますね

まずは
・暖かくなる
・熱くなる
・喉が渇く
・眠くなる
・だるくなる
・ぼーっとする
・お腹が異常にすく
・お小水が沢山出る

という肉体の中の滞っていた水分が動き始めることによる水分循環の効果が現れます

なかには
・頭が痛い
・めまいがする

という症状が現れる方もいらっしゃいますが
これは前述の体内の中の水分が動くことでお小水が沢山出て水分が足りなくなることによる頭痛が考えられます

水分(必ずお水)を取っていただくことで頭痛やめまいは解消されます

ただ、上記に記述した状態は
体に長い時間、内側に向かって直接フォークを付けてヒーリングが行われた場合に起こるかもしれない好転反応であり

ハンドチャイムやチャイムバーなどによる外面波(身体の外側)では暖かくなる、喉が渇く、眠くなる程度でご心配なさるような症状はございません

そして心の状態ですがさっぱりと久しぶりにぐっすり眠れた感や前向きな心、幸せな感覚が訪れたり

逆に我慢していた心の解放が起こって涙が後になって出る、という方もいらっしゃいます

(私も体にガンガンに入れると施術中に涙がすでに出たりしましたTT)

このほかにもし、ご心配な点がございましたらどうぞ下記までご連絡下さいね^^

(((((((((((((〇))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))
SOUND-of-UNIVERSE
音叉ヒーラー  本田マリア
連絡先メール:maria☆sound-of-universe.net
(☆を@に変えてからご連絡くださいませ^^)
(((((((((((((((((((((((((((((((((〇)))))))))))))))))))))))))))

音叉ヒーリングを始めた訳

ワタクシが音叉ヒーリングを始めた訳をお話ししますね
20代の前半に甲状腺が炎症を繰り返し(橋本病)機能低下へと移行する甲状腺機能低下症になりました

その後、投薬は続けていますが

不定愁訴と言われる更年期障害の様な症状にずっと悩まされてきたんですね〜( ꈨຶ ˙̫̮ ꈨຶ )〜

甲状腺機能低下症の症状というと
疲れやすい

だるい

集中できない

胃腸が弱い 特に腸

貧血

貧血による動悸(=心臓がびっくりして血圧上昇)

季節の変わり目に気分の落込み

強い体の冷え

冷えからくるのぼせ

のぼせによる発熱

不妊

薬が異常なほど効きすぎてしまう

声枯れ

髪のパサつき

身体の乾燥

体重の低下
体質と言えば体質ですがこれが特徴です

本人元気なつもりなのに身体がついてこないんですね〜

幸い私は投薬を始めて10年近く経った30歳になる年に娘を授かりました

今でも健康診断の際に不妊治療をしていたのかと聞かれたりします

いい加減に体調不良が続くと元気な方でも気分が落ちてしまうのは当たり前ですよね

思うといつもシュン。。。とした顔つきをしていたかもしれません笑
治療はしているものの前述の様な症状が出ると心配で病院に行きますが慢性胃炎程度で深刻な病気はない

こんなに辛いのに。。。何ともないの?

日和見治療を自力で行うしかない20年以上を経験してきました

辛いので市販の薬を買って飲みますが今度は枯渇状態の体に効き過ぎてしまってドキドキしたり、アレルギーを抑える系の薬でギンギンになってしまったり

胃の薬では顔がポーっとしたり(症状と会っていなかったんですね)

漢方を飲めば浮腫むし

とにかく薬に頼りたかった=早く嫌な症状から脱出したかったんですね
今でこそ対処法がわかっているので改善してきていますが身体の冷えは一番辛いです

気持ちは不安定になるし繰り返す下痢だし一体何なの?どうして治らないの?

薬も効き過ぎてしまうしどうしたらいいの?

そこで出会ったのが何冊かアーユルベーダの本なんです

生活と食べ物に気をつけようと20歳半ばでチャレンジが始まりました

その頃はマクロビなんていう食事法はメジャーじゃなかったし

鉱物療法や瞑想も取り入れたアーユルベーダ式の生活をしてみました

具合の悪い時にはある一定の音階を行ったり来たりする音楽を聴いてやり過ごしました

一番効いたのが瞑想と音楽

それからずっと瞑想を続けてきました

 

すでに薬離れしていた頃

2013年に神聖幾何学のドランバロ・メルキゼデク氏の瞑想のメソッドに出会います

マカバ瞑想の進化版です

合宿形式でのワークショップで音叉ヒーリングに出会いました
増川いづみ先生がそこへゲストとして参加されていたんですね

そこで不思議な体験をしました

ネイティブインディアンの太鼓とハンドチャイム、ヘビーフォークによる簡単な施術

重たくなっていた頭から腕にかけてビリビリッとネガティブなエネルギーが抜けていくのが分かりました

元々、他人の感情をスポンジのように吸ってしまう体質でしたので

感の強い方や怒っている方、緊張している方が近くにいると頭が痛くなったり胃が痛くなったりドキドキしたり

甲状腺の病気の他にこんな事も抱えていたのです

それが一気に抜けていくのが分かって

これは凄いぞっ!(◎_◎;)と思ってしまったのです

 

元々、前述のように音楽(ちなみに沖縄の三線とバリのガムランです)を聴いて体調が整うのが分かっていたので自分なりの日和見治療メソッドがここで統一されたように感じたのです

それから増川先生の元へ2年ほど通って今にいたります

今では発熱、だるさ、冷え、浮腫み、つまり、肩凝り、頭痛、気分の落込み、生理前後の症状等は全て音叉のツールで整えています

薬が入らない状態になったのです

甲状腺の薬もやめる方向で考えています
自然治癒力を最大に引き出すことは音叉ヒーリングで可能です

可能と言っては薬事法に引っかかるのでいけないと規定に書かれていますが笑

代替医療として日本で認めてもらえるように普及活動を今後も行っていきたいと考えています

何よりも頑張っている女性を助けてあげたい

働くママも特に応援したいです

日本は女性に優しくないから

私がみなさんの心身に語りかけて嫌な症状が解放へ向かうように導きます(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

近々でみなさんの心身に語りかけることのできるタイミングがあります

海の日にヨガの先生とコラボイベントを予定していますのでどうぞ、いらしてくださいね^^

冷たい豆乳割の甘酒をご用意してお待ちしています

詳しくは下記のバナーよりご確認ください↓↓↓

音叉ヒーリングってなに?

そもそも音叉ヒーリングってなんでしょう?
ちょっと長くなりますが少し詳しくご紹介します


古くは古代エジプト時代でも音叉は心と体の治療に使われていたようです
実はピラミッドの壁画に使っている様子が残されているんですよ^^

 

 

人間は日常的に色々な音に囲まれて生活しています

その音を聞いて私たちは気分がよくなったり、うれ 続きを読む