オールドソウルの仲間たちへ3 「ハイヤーセルフとの出会い」

※「オールドソウルの仲間たちへ12を是非はじめにお読み下さいね。辻褄が合います

 

 

その自分自身のことを私たちは「ハイヤーセルフ」と読んでいます

ハイヤーセルフはあなたのことを何でも知っています

なんでも相談に乗ってくれます

例えあなたがネガティブな感情をぶつけてもポジティブにとってくれます

あなたのことを完全に知っているのです

「ハイヤーセルフ」はあなたの大いなる自己という存在であなたに対する答えを全て持っています

完全な存在なのです

ですからハイヤーセルフのアドバイスは

あなたにとって完璧であり完全であり統合されたものなのです

 

ところがそんな自分にとって完璧な存在の

答えを

アドバイスを

聞こうとしません

聞こえないのです

なぜなら接続が切れているからです

ではどのように接続しなおすのか

 

私はその方法をあなた方に教える為にもう一度戻ってきました

もう一つの緑の月に帰ろうとしていたのですが一人残りました

海岸線の崖の上から光の仲間が戻っていくのを見届けましたが私は残りました

あなた方に再接続のスイッチを入れる方法を教える為です

 

それは呼吸のたびに深まっていくリラックスのこと

それは大地にピッタリと脚の裏をつなげること

それは再びマザーアースのクリスタライン(地球のコア/マントル部分のこと)と繋がること

それはプラーナ管からエネルギーを注ぎいれること

それはファーザーサン(この太陽系の中心に位置する宇宙の根源のこと)にしっかりと繋がること

それらをクリアすると

何次元も上にいる

あなたと離れてしまっていたハイヤーセルフが

頭上からゆっくりとあなたの肉体に元に戻ってくるのです

 

それは素晴らしい体験です

この上のない安堵感、幸福感に包まれていきます

 

こうして再びハイヤーセルフと一つとなったあなたは自分のみならず

あなたの周りにいる人びとにまでその安堵感/幸福感を伝えたくなるのです

 

自分がやりたかったことってこれなんだ

あ~何でだか分からないけどすっと探していたものがここにあった

違和感がなくなった

私はこれでいいんだ、間違ってない

私は一人じゃない、ハイヤーセルフにヘルプをお願いすればいいんだ

あなたの目的がはっきりします

この地球に肉体を持って再び生まれて体験すると決めた内容を知ることが出来るのです

 

次第にこの「気付き」の回数が増えてきます

例え脇道にそれたとしてもまた引き戻されます

心と体がアンバランスになってくるので切れてしまっていると気が付くことができます

心と体は安堵感/幸福感をもう一度味わいたいのであなたにサインを出すようになります

私はその目的を見つけるためのサポートが出来ます

トレーニングを何度かこなすことで

やがて

教えてもらったわけじゃないけど何故かすでに知っている、という感覚が増えてきます

また、かかえていた問題がいとも簡単にクリア出来るようになっていきます

時間軸が早くなり、あっという間に実現していく

自分の今の肉体や心の状態を観察できるようになってきます

それ(問題や懸念)に対してどのように対処すれば解決するか自身で瞑想を通して気付くことができるようになります

どういう常態かというと

ハイヤーセルフからのサインに素直に応じているというという

本来のあなたのに戻ったという状態になるということです

 

毎日の中で

一番はじめに

目に入るもの

聞こえる音

手に取りたくなるもの

選択したもの

それを素直に受け入れてみて下さい

顕在意識で判断を加えて変更したりしないでください

あなたを

ハイヤーセルフを

無視するという

接続が途切れた状態というステータスへ戻ってしまいます

そんな時はもう一度、私と一緒にトレーニングした方法を使って

ハイヤーセルフに再接続をして下さい

そして宣言して下さい

「私は私です」

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。